ドッグフードでアレルギー対策を


前述のように、アレルゲンの含まれていないドッグフードを食べさせるようにさせればこれ以上アレルギーの症状を重くさせることは大きく防ぐことが出来ます。ですが、出来ることなら自分の愛犬にアレルギーなんか発症させたくないですよね。犬によっては僅か1回対象の物質を摂取しただけでアレルギー症状を発症してしまう可能性がありますが、その一方でほんの少しずつであれば一生アレルギーを発症しないということもあるのです。ですから、アレルギーを発症してしまう前にいっそのこと今からアレルギー対策をしてあるドッグフードを与えるようにするというのも愛犬に対するアレルギー対策としてはとても有効的な方法です。

ただし、そういったアレルギー対策をされたドッグフードというのは犬によっては美味しいとは感じないのでなかなか食べようとはしない子もいます。人間でも病院食などの病気を持っている人を対象にした食事というのはあまり美味しいとは言えないものが多いですから当然といえば当然です。ですが、そういった食事を与えないとアレルギーが悪化する可能性があるのも事実ですから、そういったときには獣医さんに相談して食べてくれる方法を工夫してみたり、ちょっとでも美味しく感じるように作られているドッグフードを検討してアレルギー対策をしていきましょう。


ドッグフードの選び方


もしも犬がアレルギーを発症していて、その原因が食物ならば現在食べさせているドッグフードを替える必要が出てきます。

まずは、動物病院でのアレルゲン検査から始まります。自分で単一のメニューを長いこと与えることによってアレルギー症状が軽くなったか、悪化したかによって何の食材がアレルギーを起こしているのかを見分けることが出来ます。いずれにせよ、アレルギーの原因となっているアレルゲンが分かったらそのアレルゲンが含まれていない食事を与えるようにします。今日では色んな食物アレルギーに対応したドッグフードが販売されています。販売されているドッグフードのパッケージを良く見て、自分の愛犬の症状に合っているのかどうかを見分けて、合っているドッグフードを与えるようにしましょう。

具体的にはどこに特に注目するのかというと「原材料」です。原材料の欄にはドッグフードに使用されている材料が掲載されています。アレルゲン物質が含まれていないドッグフードを選ぶということは勿論重要ですが、他にも添加物がどれほど含まれているのかどうかも見ていた方がいいです。添加物があると美味しくは感じるかもしれませんが、極力与えない方がいいのは確かですからね。


怖いアレルギーとは?


アレルギーで起こる症状には様々なものがあります。人間でも色んな種類の症状がアレルギーを発症すると起こるものですが、それは犬でも同じことなのです。初期症状ではかゆみが発生してちょっと普段よりもよく自分の身体を掻きむしっていることが多くなります。また、発疹や脱毛、フケが見られるという場合もあります。赤くなりやすい部分としては顔や耳の内側、目の周り、口の周り、股の内側といった部分になります。しかし、これらの症状はまだ軽症の部類になります。

恐ろしいのは犬の場合は人間以上にかゆみを我慢することが出来なければその対処法も分かりません。そのため、次第にかゆみが発生している部分を掻くどころか、噛んだりしてしまうことがあるのです。特に、足の裏や指の間などをひたすら舐めたり噛んだりしていることが多いですね。また、下痢や嘔吐をよく発症するようにもなります。こういった症状を放っておくと犬の姿はどんどん痛々しいものになってしまいます。見た目だけじゃなく勿論犬はこの間とても辛い思いをしているのです。ですから、もしも愛犬が上述したような症状を見せた場合には一刻も早く獣医さんの元に連れて行き、診断を仰いで対処する必要があるのです。


犬のアレルギー


人間には沢山の種類のアレルギーが存在しています。そういったアレルギー持っている動物というのは人間だけではありません。あなたの可愛がっている愛犬ももしかしたら何かしらのアレルギーを持っている、もしくは今はアレルギーを持っていなくてもそのうち発症してしまうかもしれない因子を持っている可能性があるのです。人間と同様に犬のアレルギーも様々な種類があるのですが、その種類によっては愛犬にとって非常に危険な恐ろしいアレルギーである可能性があります。ですから、もし少しでも飼い犬の様子がおかしいなと思ったのであればかかりつけの獣医さんの元に連れて行き、ヒドい状態になってしまう前に検査を受けさせる必要があります。

そして、もしもわんちゃんに日頃から食べさせているドッグフードに原因があるのだとすれば、そのドッグフードのなんの成分がアレルギーを起こす発端となってしまっているのか少しでも早く知る必要があります。人間と同様にこれ以上症状を悪化させないようにするにはアレルギーの原因となっている成分を摂取させないようにする必要があるからです。摂取させればさせる程アレルギーのリスクは非常に高くなってしまいます。最近のドッグフードはそういったアレルギーを持った犬を対象にした商品も多数開発されて販売されています。ですが、それもアレルギーの原因が分かっていないとどういったものを選べばいいのか分かりません。そのため、早めにアレルギーについて知ることが大切なのです。