ドッグフードの選び方

もしも犬がアレルギーを発症していて、その原因が食物ならば現在食べさせているドッグフードを替える必要が出てきます。

まずは、動物病院でのアレルゲン検査から始まります。自分で単一のメニューを長いこと与えることによってアレルギー症状が軽くなったか、悪化したかによって何の食材がアレルギーを起こしているのかを見分けることが出来ます。いずれにせよ、アレルギーの原因となっているアレルゲンが分かったらそのアレルゲンが含まれていない食事を与えるようにします。今日では色んな食物アレルギーに対応したドッグフードが販売されています。販売されているドッグフードのパッケージを良く見て、自分の愛犬の症状に合っているのかどうかを見分けて、合っているドッグフードを与えるようにしましょう。

具体的にはどこに特に注目するのかというと「原材料」です。原材料の欄にはドッグフードに使用されている材料が掲載されています。アレルゲン物質が含まれていないドッグフードを選ぶということは勿論重要ですが、他にも添加物がどれほど含まれているのかどうかも見ていた方がいいです。添加物があると美味しくは感じるかもしれませんが、極力与えない方がいいのは確かですからね。